業者を選んで新築一戸建てを購入しましょう

将来を想定した家造り

一軒家

10年20年後に備える

30代〜40代の健康な人が滋賀県に新築一戸建てを建てる場合、老後の備えのない新築一戸建てを建てる傾向があります。ですが、滋賀県で年齢を重ねていくとともに、身体が不自由になったり、親との同居が決まってからリフォームすると大規模な工事になり、費用も多くかかります。そこで、滋賀県に新築一戸建てを建てる際には、ある程度将来に備えた造りにしておくことが大事なポイントになります。例えば廊下の幅は、介護者が肩を抱いて通れるように、最低78cmは必要です。階段の幅は約80cmあれば電動の昇降機を設置しても邪魔になりません。階段、玄関、バス、トイレ、洗面所といった転びやすい場所の壁面の下地は、後で簡単に手すりを取り付けられるように、プラスターボードではなく合板がおすすめです。また、手すりはステンレスよりも木の方が握った時温かみがあります。その他、上、下階に納戸を設けるなら、同じ位置に取っておくと容易にエレベーターに改造できます。滋賀県ではバリアフリーの新築一戸建てというとハード面ばかり目が行きがちですが、精神的なバリア=障害を取り除くことも大事です。例えば、お年寄りの部屋はバス・トイレに近いだけでなく、家族が集まるリビングの側が良いでしょう。リビングから離れた場所では寂しさや孤独を感じてしまいます。また、様々な思い出の品物は本人にとってはかけがえのない大切な物です。冷たく「処分して」とは言わず、専用の収納スペースを設けてあげると良いでしょう。